ニキビが出来にくくなった私の実体験談

sweet01さん 男 20代 会社員 乾燥肌

私の顔の肌質は乾燥肌でありながら、半日経つだけでももの凄く油っぽくなりやすいというかなり面倒な性質を持っているため普段から小まめな洗顔と洗顔後の保湿には十分に気を付けています。

しかし、保湿クリームや化粧水などを使用しすぎると今度はニキビが出来やすいですので、本当に面倒な肌質なのです。
ですので、洗顔後は保湿クリームなどを使うことはしないようにして、ニキビ治療にも効くオロナインなどの軟膏クリームを部分的に付けて伸ばし、全体的に乾燥を防ぐように努力しています。

慣れれば楽なことですが、最初は「本当に嫌な肌だな」と面倒で悩んでいました。

後はいつも使っている洗顔料を”ニキビ用”のものに変えました。
いままでとは洗い上がりが全く違うように感じました。

そんな私、ここ最近になって先ほど実践している方法が良かったのかあまり顔の肌が乾燥しなくなり、ニキビが出来にくくなりました。
まさか自己流ではじめた方法で自分の肌の健康を保てるとは思っていませんでしたので、最近鏡を見る度に驚きと嬉しさを感じています。

ただ、もしかすると最近ニキビが出来にくくなったのには生活面にも理由があるんではないかと気付きました。
私は基本的に昔から食事・睡眠などに関して不規則な生活リズムの毎日を過ごしていたのですが、ここ最近はお仕事の都合上、嫌でも夜は9時半にお布団に入り、朝は6時に起床するという生活に変化していました。

食事も朝はコーヒーしか飲まないのですが、お昼と夜ご飯はしっかり食べてお野菜も摂っています。
ですので、もしかするとこの生活リズムと、冒頭で書いた洗顔・保湿方法が重なってニキビが出来にくくなったのかな?と感じています。

そう考えますと、肌の健康は洗顔や保湿材ばかりに頼って守られるものではなく、生活リズムが大いに関係しているのだと実感しています。
まぁ、とは言いましても、あくまで私の肌に関することなので、何が正しいということは言えませんが、「私はこの生活と方法を取ることでニキビを減らせた」という実体験のお話でした。

rank

サブコンテンツ

このページの先頭へ